おせち料理というのは、お正月の定番のものとしては欠かすことのできない料理ですが、その歴史は非常に古いものでルーツは平安時代にまでさかのぼると言われており、お米を食べるようになったのは弥生時代からのことで、弥生時代のころからもあったのではないかともされています。

平安時代においては、お正月にはお節供と言われる宮中行事が行われていたようで、宮中行事では神にお供えをするという意味合いにおいておせち料理をお供えしていたことがきっかけとなりました。このようなことからおせち料理は兆月に食べる料理ということで、正月料理とも現在では言われています。

現在のように一般的におせち料理が広められるようになったのは、江戸時代に入ってからでこれは宮中行事が庶民のあいだでも行なわれるようになったからとされています。

お正月の準備に向けておせち料理を予約したり購入したりする場合や手作りで作られる方もいらっしゃいますが、購入した場合の相場というのは、幅が広く安いものでは1000円ぐらいか1000円台で購入ができ、高いものであれば50000円以上のものもあります。

一般的にはデパートやスーパーマーケットなどでの購入になりますが、通信販売でもあらゆる種類のものがあり、購入ができます。どこで購入をするかはそれぞれ人によって異なるものですが通信販売で購入をする方がデパートで購入するよりも安い値段で購入ができるものが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です